[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]

万年筆向けの紙

FrontPage

わたしが一番使っているのはコピー用紙の裏です。

再生紙でも、あまり書き味は変わらないと思います。

チェック項目

万年筆用としてのチェック項目を挙げます。

インクをはじく

インクを程よくはじく。すぐ吸収すると、滑らかに書きづらい。

インクを吸収する

インクを程よく吸収する。吸収しすぎるとにじむ。吸収しないと、インクが乾きづらく、汚れてしまう可能性がある。

裏うつりしない

ペン先が滑らかに動く

シャープペンシル、ボールペンなど、摩擦が起こることで芯が削れて、ボールがころがって書ける筆記具全盛ですから、万年筆で書くことを想定していない紙が多いです。

繊維の起毛の状態などは、ペン先の引っかかりに大きく影響します。

普通に売ってる、メモ帳とかが一番書きやすかったりするので、万年筆用として 高価な用紙を買うより、そういたったものを探した方がいいです。


GzuGzu (WikiWikiWeb descendant) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com