[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]

開発者のドキュメントに対する意識定義

ドキュメント主導開発

ドキュメント主導開発 1章.意識定義

開発者のドキュメントに対する意識定義

1.この章の目的

ドキュメント主導で開発業務を円滑に進めるために、前提条件の定義を行なう。

2.定義

2-1. 「設計書」と「仕様書」

2-2. 設計能力

  どの企業の、どの案件でもすべてそうだということではありませんが。
 堅い企業、がちがちに管理された大きなプロジェクトほどこの傾向が強くなります。
 「動きゃいいよ」ってとこもあるし。それでも設計書は書きなさい、ということです。
 納品しないだけです。


GzuGzu (WikiWikiWeb descendant) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com