[ トップ | 一覧 ]

工程作業定義

ドキュメント主導開発

ドキュメント主導開発 2章.工程作業定義

1.この章の目的

 主に設計工程(次章で説明)での設計を進める上で、開発業務に必要な作業を定義する。 (設計書を完成させるまでの作業)

2.定義

2-1. 設計書の内容

 3章の「成果物定義」に、文書名および、何を書くべきかのガイドラインが記述されている。 それに従がい、各項目を埋める情報を分析、検証、考案、収集することで設計書が完成する。

3. 作業フロー

3-1. 典型的作業フローを下図に示す。

3-2. 計画

 完成させるまでのスケジュールを立てる。

3-3. 分析、検証、考案

3-4. レビュー

随時、レビューを行ない、問題点、不明点を洗い出し、それらを解決する方法を導き出し、解決する。

3-5. 検査

作成された仕様書は、工程の区切りで、次の工程に進むための検査に使われる。

不明点、問題点が0となり、必要な内容がすべて揃い、不足なしの状態になったとき、検査を受けることができる。

仕様書に、不足や不正確な箇所、余分な箇所があれば指摘される。

承認を受けた仕様書は、顧客とのレビューに使われる。

設計書に承認が降りたグループは、次の工程の作業にとりかかることができる。

4. 不明点、問題点の解決方法

一個所で長期間作業を停滞させないこと

5. 注意事項

重要な箇所は充分な工数をかける。

何人で書いてもよい。ひとりで書いても、複数人で手分けして書いてもよい。


GzuGzu (WikiWikiWeb clone) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com