[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]
SOHO,在宅ワークの求人

Tomcat

Jetspeed | Java

Jakarta Tomcat

Strutsが使いたかったため、サーブレットコンテナとしてTomcatを選びました。

servlet

メモを残しておきます。

tomcat web application manager (tomcat ver4.x, 5.x)

tomcatをインストールするとpathが/managerにインストールされる、たとえば

 http://localhost:8080/manager

の便利なページ。アプリケーションごとに起動、停止、再ロードを実行できる。

tomcat-users.xml

/managerアプリケーションのpathにはユーザ認証がかかる。 また、tomcatインストール時は/managerを使うためのuserが設定されていない。 はじめから一意にユーザ名、パスワードが設定されていたりすると、それを知らずにインターネットに公開されてしまうことがある、なんてことを防ぐためにそうなってるんでしょう。

ではログインできるように次のファイルを変更します。 ユーザを追加し、rolesにmanagerをそのユーザに設定します。 すでにあるユーザにmanagerのrolesを追加してもいいです。

 $TOMCAT_HOME/conf/tomcat-users.xml

 <tomcat-users>
 ...
 <roles rolename="manager"/> <!-- #1 -->
 <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat,manager"/><!-- #2 -->
 ...
 </tomcat-users>

#2のように、roles="manager"を追加すると、tomcat起動時に#1を追加してくれます。 (ver.5でのみ確認) はじめから記述しておくのが筋でしょうけどね。

windows tomcat4 + apache 1.3.* + jk2

 http.conf

 LoadModule jk2_module modules/mod_jk2-1.3.27.dll

この行以降のClearModuleListより後に

 AddModule mod_jk2.c

windows tomcat5.5 + apache 2.2

tomcat5.5 は j2se 1.5以上で動作する。1.4ではエラーで起動できない。

apache 2.2 から、mod_proxy_ajpでtomcatと接続できる。 これを使うことで、jk2,jkなど、設定する必要がなくなった。

apache http.conf

mod_proxy_ajpを使うにはmod_proxyもloadする必要がある。

 #LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
 #LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
 LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
 LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so

他のextraディレクトリの設定ファイルに習って、mod_proxy関連のファイルを外部ファイル にする。

 Include conf/extra/httpd-proxy.conf

extra/httpd-proxy.conf

 <IfModule proxy_ajp_module>
     <Location /tomcat/jsp-examples/>
         ProxyPass ajp://localhost:8009/jsp-examples/
     </Location>
     <Location /tomcat/servlets-examples/>
         ProxyPass ajp://localhost:8009/servlets-examples/
     </Location>
 </IfModule>

GzuGzu (WikiWikiWeb descendant) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com