[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]

XOOPS

yaino | XOOPS/Install | FrontPage

コミニティサイト構築システム(xoops1.3くらいの古い話です)

XOOPS2を触る

さて、ここのコンテンツは、xoops 1.3あたりの内容なので、xoops2が普及している 今となっては古い内容です。 そういうことでXOOPS2のページを作ります。

FAQ/マニュアル

PHP4、MySQL(or postgreSQL)からインストールするには以下のサイトを参考。

サンプル

http://www.obane.com snapshot

概要

サイトにXOOPSを置くことにより、参加者がいろんな機能を活用できます。 Newsサイトとして情報を参加者に供給してもらい、その公開の場を提供するシステム、なんていうのがごく通常の使い方。というのは、この「ニュース」機能が初期状態で活用できるように なっているので。

機能はモジュールとして、インストール状態で数機能すでにセットアップされてます。管理者の管理画面でそれら機能を使う使わないを設定します。

投稿、閲覧権限の設定に自由度があります。グループと機能のアクセス、投稿権限を組み合わせて権限を管理することになります。

ログインしていない閲覧者にも、機能を提供することができるし、ログイン者のみ、あるいは特定グループのメンバにのみ提供する、なんていう設定にもできます。

参加

参加希望者がページでユーザ登録することで、登録Mailアドレスに初回ログインURLアドレスを通知し、 参加できるようになります。 このメール配信はXOOPSが自動で行います。

あるいは管理者が管理画面でメンバ情報を設定して、参加者がログインできるようにもできます。

インストール

モジュール

テーマ


GzuGzu (WikiWikiWeb descendant) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com