[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]

PerlPackageModules

DBI.pm | PerlCGI

CGIで使われるperl module

CGI::Carp, KCatchを調べてます。 2002-12-28

Perl package module

perlでCGIを作成する際に便利なパッケージモジュールを挙げます。 使い方、sample codeもできるだけ載せていきます。 どちらかというと、「私はこんな風に使ってます」な路線です。

はじめに

 CGIの典型的な処理フローと、それに対し必要、便利なパッケージを対応づけて記述します。 なお、DBはLinuxでpostgreSQLを使っています。 WindowsではMySQLを使っています。 これらpackageモジュールを利用し、CGI用のpackageのテンプレートを用意しておくと、簡単にWebアプリケーションを作成することが出来ます。Perlはデモ、でっちあげ(?)に最適ですね。

(注意)ハッシュ変数のKeyの表記 個人的趣味でハッシュ変数%hashのときのkeyは["]で囲んでません。 perlのmanualに書いてあったと思いますが、 $hash{key}も$hash{"key"}も同じ扱いです。 ただし、スペースが入っていたり、2byte文字のときはだめっぽいですね。 逆に、引数なしのメソッド呼び出しは()を省略できるのですが、(というか()なしでも呼び出しできますよね、perlは)個人的趣味で$dbh->commit;よりは$dbh->commit();のように記述しています。 ()をつけないと暗黙変数がそのまま渡るんでしたっけ。調べておきます。

CGIの典型的な処理と対応するパッケージ

CGI処理

.CGI;;Cookie.pm,cookie文字列の作成
CPAN.pmpackage module の取得、更新
CGI::Lite.pmpost(get)された、URL parameterの取得
CGI::Carp.pmエラー、ワーニング文字列の横取り
KCatch.pm例外発生の横取り
Jcode.pmpostされた文字体系からカレント文字体系への変換 / 出力文字体系への変換
DBI.pmDBの接続、クエリー発行、切断 (自分はpostgreSQLを使用してるのでDBD::Pg.pmが必須)
Apache::Session.pmセッションの保存、復元
CGI::Session.pmセッションの保存、復元
HTML::Template.pmHTML出力時にテンプレート変換


GzuGzu (WikiWikiWeb descendant) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com