[ トップ | 一覧 | 更新履歴 ]

PerlHash

PerlCGI | PerlVariable

hashを思う存分使おう

Perl5になって、よく見かけるようになったスタイルがあります。 subroutineに渡す引数を、すべてhash形式で渡すやり方。

たとえば、CGIに渡ってきたカテゴリを示すパラメータに合致する 本の一覧をDBから検索して表示するようなCGIプログラム。(とてもアバウトだが)

    use MyCGI;
    use MyJob;
    use MyTmpl;
    #--------------------
    # パラメータ受け取り
    #--------------------
    my  $cgi = MyCGI->new;
    #
    my  %cgi_para = $cgi->getParameter;
    undef $cgi;
    #
    #--------------------
    # 一覧の取得
    #--------------------
    my  $job = MyJob->new;
    #
    my  %list_data = $job->listBooks(%cgi_para);
    undef $job;
    #
    #--------------------
    # 表示
    #--------------------
    my  $tmpl = MyTmpl->new;
    #
    $tmpl->output(_file_name=>'./hoge.tmpl',
                  %cgi_para,
                  %list_data);

    
(空行を入れると背景色が切れてしまうので#だけの行でつなげてます。改善したげ)

このソースで、use してるクラスがどんなことをやってくれればCGIとして動作してくれか 想像できる方であれば、私の説明はいらないです。

では、PerlVariableの次に、以下をお読みください。

(と言いつつ、まだ出来てない)


GzuGzu (WikiWikiWeb clone) ver 1.00 pre2
このページはGzuGzuで作成されました.
yaino.com